はらっぱ技術研究所のブログ

子どものための「組立式はらっぱ用品」のブログです。
<< 農業用品|横田式手動大豆選別機|製作6 | main | 農業用品|横田式手動大豆選別機|製作8 >>
農業用品|横田式手動大豆選別機|製作7
シート張り
シートが弛まないで平面移動するように、シナベニヤ板を張ります。これで剛性も向上します。
シートの裏と表の両面から粘着テープで固定するのですが、結構面倒です。

 
30X40の角材を隅に固定。シナベニヤをクランプで仮止めして、ローラーに干渉しないか確認

 
シナベニヤの木目は、シートの移動方向と同じにします。裏側はこうなります

 
薄手のシートを張ってみます。910X1820mmの作業台の上に薄手のシートを敷き、短辺側を角材とクランプで仮止め。しわにならないように引っ張ります

 
長辺側に粘着テープを張り補強します。長さ1820mmの板を定規にしてカッターで切断

 
2本目の長さ1820mmの板をあてて、歪がでないように微調整してから切断。
シートの片側を角材とクランプで仮止め

 
ぐるっと1周してから粘着テープで固定。シートの幅が狭すぎました。ハンドルを回してみると、しわがよって滑らかに回らないので失敗のようです

 
シートを硬くて厚みのあるストロングシートに変更。シートのつるつるした面を上にして使います

 
住宅の断熱材の施工で使用する気密防水用テープです。片面テープで強力粘着タイプ。片側を角材とクランプで仮止め

 
裏側から粘着テープを張る。テープの粘着面が上を向きます。シートを1周させたら反対側も角材とクランプで仮止め。

 
上側から粘着テープで固定。壁紙用圧着ローラーでぐりぐりします。

写真はありませんが、低温のアイロンでシートのしわを取ります
粘着テープの表面はざらざらしているために、大豆を転がすと跳ねしまう不具合が判明。大豆と接触する側は一般的なガムテープに変更しました
| 農業用品|横田式手動大豆選別機 | 17:23 | - | - |