はらっぱ技術研究所のブログ

子どものための「組立式はらっぱ用品」のブログです。
<< 建造物|ウッドデッキ1号|完成 | main | 電気|電波を可視化した模型|Maker Faire Taipei 2016(その1) >>
はらっぱ用品|組立式ピザ窯|概要
こどもと大人のための組立式ピザ窯です。 レンガでできたカントリー調の石窯ではなく、業務用厨房機器を意識した意匠デザインにしました。
オーブン室(焼き床)と燃焼室(火床)は分離されているので連続加熱ができます。熾き状態の炭火を持続させて、連続燃焼するタイプの窯です。オーブン室の内寸は幅60cm、奥行き30cm、高さ15cmで11インチのピザが2枚横並びに入ります。オーブン室天井側と底面側に2枚の石板(砂岩)を内装しているので、遠赤外線効果により同時に2枚のピザを3分で焼き上げることができます。

 
業務用厨房機器を意識した意匠デザイン。上側はグリル

 
1インチのピザが横並びに入り、2枚同時に3分で焼けます

 
前面のオーブン室(焼き床)と、後面の燃焼室(火床)は分離しています。オーブン室の上にも炭を置いて、上からも加熱

 
オーブン室の内寸は幅60cm、奥行き30cm、高さ15cmで、上下に石板を配置

 
専用の木製収納箱は運搬や倉庫に保存するのにとても便利

製作日時
2004年に製作しました。

用途
多人数でのピザ作りやバーベキューに最適です。 ピザ窯の上はグリルになっていますので、ピザと同時にバーベキューもできます。また、鍋を置いておけば、スープや豚汁などもできます。 
ピザだけを作っているとそのうち食べ飽きてくるので、焼き物や汁物を同時に調理ができるのはとても便利です。

材料
物品棚では有名なエレクタ社のワイヤーシェルフを採用しました。 業務用と家庭用の二種類がありますが業務用は高価なので、家庭用でスチール製のホームエレクタを使いました。もちろん想定された使用方法ではありませんので、怪我や火傷を負う可能性があります。自己責任でお試しください。
基台には建築の仮設足場に使われている単管パイプと直角クランプを流用しています。
なお、耐熱レンガ、耐火セメント、耐火モルタルは使用していません。

 
単管パイプと直角クランプを流用。ホームエレクタ付属の樹脂パーツは取り外します
| はらっぱ用品|組立式ピザ窯 | 13:41 | - | - |