はらっぱ技術研究所のブログ

子どものための「組立式はらっぱ用品」のブログです。
<< 農業用品|横田式手動大豆選別機|製作4 | main | 農業用品|横田式手動大豆選別機|製作6 >>
農業用品|横田式手動大豆選別機|製作5
ハンドルついて
手でグルグル回すハンドルは階段の手摺に使う丸棒で試作しましたが、単にネジ止めしただけなので滑らかに回転しません。そこで水道用TS伸縮継手を流用して、内部にベアリングを2個組み込み、緩み止めナットで固定しました。貫通する軸は8mmボルトです。
30X40mm角材に8mmボルトに固定する際、バカ穴ではなくとき、タップを使用しないでねじ込むと緩みません。
ミニュチュアベアリングはNSK社のフランジ付きベアリングF608ZZを2個使用。サイズは内径8mm、外径22mm、幅7mm、フランジ外径25mm。

 
試作した丸棒のハンドルと完成したハンドル

 
水道用TS伸縮継手を流用。8mmボルトと22.2mm鋼管用穴との間隔は100mm

 
ベアリング端にはフランジ(つば)の出っ張りがあります

 
六角ボルトは全ネジ、M8、長さ150mm。木工用ドリルビットはスターエム社F型7mmと7.5mm

 
30X40mm角材をボール盤に固定。直径7mm深さ30mmの貫通穴をあける。次に直径7.5mm深さ15mmの穴をあける。作業台に30X40mm角材を固定して、8mmボルトをラチェットレンチでねじ込んでいきます。タップでネジを切る要領です。
| 農業用品|横田式手動大豆選別機 | 22:12 | - | - |