はらっぱ技術研究所のブログ

子どものための「組立式はらっぱ用品」のブログです。
<< はらっぱ用品|移動型モデルハウス|製作3 | main | はらっぱ用品|移動型モデルハウス|製作5 >>
はらっぱ用品|移動型モデルハウス|製作4
柱と梁の取り付け
ウッドデッキであれば4x4材 1本や2x4材 2本の組み合わせが頑丈なので最適です。一方、軽トラックの荷台に車載する小屋は地面に建てる小屋とは大きく異なる点があります。

・地震のような振動に耐える
・時速80kmの風に耐える

踏切や道路の轍(わだち)を乗り越えると軽トラックは地震のように激しく振動します。
また、高速道路では時速80kmで走行します。これは台風レベルの風速22mに相当します。
このため、柱と梁は軽くて剛性が高くなるような構造を考えました。

・1x4材 2本の組み合わせ
・2x4材 1本のみ
・4x4材 1本のみ
・2x4材 2本の組み合わせ
・1x4材 1本と2x4材 1本の組み合わせ

検討の結果、柱と梁は2x4材と1x4材の2本を組み合わせて、細長い箱になるような構造にしました。
 
柱は2x4材と1x4材の2本を組み合わせます

 
水平の梁も2x4材と1x4材の2本。柱と梁が交差する点を12mmボルトで固定

 
 
柱を立ててから、現物を見ながら梁の高さと屋根の傾斜を決定。屋根の傾斜は4/10にしました

 
屋根は1x4材を2枚組み合わせて細長い箱にします
| はらっぱ用品|移動型モデルハウス | 08:13 | comments(0) | - |