はらっぱ技術研究所のブログ

子どものための「組立式はらっぱ用品」のブログです。
<< はらっぱ用品|移動型モデルハウス|設計 | main | はらっぱ用品|移動型モデルハウス|製作2 >>
はらっぱ用品|移動型モデルハウス|製作1
塗装について
屋外で使用するならキシラデコール
色はタンニングリーン
パネコート(コンクリート型枠用合板)の黄土色は要検討

キシラデコール0.7リットル

屋外で使用するので耐水性に優れたキシラデコールにしました。「NPO法人チーム東松山」の基本カラーが緑なので、色はタンニングリーンにしました。塗装すると木目がつぶれないで、良い感じになります。

 
組立前に塗装します。木材の切断面も忘れずに。

床の加工
コンクリートの型枠に使われるパネコートを床に設置します。パネコートはコンクリートの型枠に使われる耐水性の12mm合板です。コンクリート用剥離剤が塗布されているので耐水性は完璧ですが、黄土色は明るすぎます。ウェザリング(汚し塗装)して、落ち着いた色にする予定です。

軽トラックの荷台には水抜き穴が開いているので、これを利用して床と小屋を固定します。垂直のあおり板と接触しないように、クリアランスは5mmから10mm程度にしました。
 
荷台の右前側です。荷台の隅は単純な直角ではありません。現物合わせでパネルの角を切り取ります。

 
穴の位置を決めて、直径13mmの穴をあけます。右後側も現物合わせです。

 
荷台の内寸は幅1400mm、長さ1940mm。パネコートは幅900mm、長さ1800mm。


1枚では足りないので2枚目(幅490mm、長さ1800mm)を追加。
| はらっぱ用品|移動型モデルハウス | 08:15 | comments(0) | - |