はらっぱ技術研究所のブログ

子どものための「組立式はらっぱ用品」のブログです。
建造物|ウッドデッキ1号|概要
ウッドデッキを作った経験がなかったため、本を買ったりWebを調査しました。そこにはさまざまな製作例や貴重なノウハウが山のようにあり、世の中にはすごい人達がたくさんいるものだと感心しました。どうやら、ぶっつけ本番で製作するのではなく模型を作ることがセオリーのようですのでそれに従いました。

製作日時
2003年に製作しました。

仕様
サイズは間口2.7m、奥行3.6mの約3坪(6畳分)
雨の日でも子どもが遊べるように、デッキだけでなく柱と屋根を取り付ける
柱や梁を母屋に直接取り付けると雨漏りの心配があるので、接触しないようにする
柱を2本の2X4材で挟み込むサンドイッチ工法を採用

柱は4X4材、根太は2X4材、床は2X6材、目隠し板は1X6材
木材はすべてWRC(ウエスタン・レッド・シダー)材
コーススレッド(ネジ釘)はステンレス製
塗料はキシラデコール、色はシルバーグレイ
屋根は透明なポリカーボネート製波板
基礎は4X4用束石

模型
実際に模型を作ると疑問に思っていたことが一挙に解決して、今まで見えなかったものが見えてきました。

 
手前左側が母屋からの出入り口、間口2.7m、奥行3.6mの約3坪(6畳分)


母屋のベランダが干渉するので屋根は複雑な構造

 
補強で頑丈にして、出窓のようなイメージの目隠し板

 
構造を確認するため、床材2枚分は省略
| 建造物|ウッドデッキ1号 | 23:00 | - | - |
建造物|ウッドデッキ1号|完成
製作途中の写真はありませんので、完成した写真をご覧ください。
ウッドデッキ
 
小屋のような外観です。屋根は透明なポリカーボネイト製波板

 
母屋2階ベランダと接触しないようにしてあります

 
目隠しの壁は出窓やニッチをイメージ

 
小間物や工具を置くのに便利

 
なだらかな階段は3段。階段下は収納です

 
雨どいも設置

外台所
地面に置かれた研ぎ出し流しを改造して外台所にしました。水道は手洗い水栓と散水ホースに2分岐しています。

 
階段の段差が あるので、背の低い子どもは左側に立つと手がとどきます

 
流しの下側は収納。排水は砂やゴミが溜まるので、掃除しやすいネジ付U字トラップを採用

 
流しの右側の三角コーナーは小物収納

フェンス
隣地との境界は安価なワイヤーメッシュのフェンスです。これだけだとさびしいので、アイビー(蔦)を絡ませました。元気に育ちましたが、密集したアイビーだけだと重たい感じになりどうも恰好がよくありません。そこで1X4材で飾り枠を取り付けてみました。塗料はウッドデッキと同じキシラデコール。色はシルバーグレイ。


ワイヤーメッシュのフェンス

「手前の1X4材」と「裏側の下板」でワイヤーメッシュ・フェンスを挟み込んでからコーススレッドで固定。ワイヤーメッシュのフェンスはアイビーに隠れて見えません。

 
あたかも木枠のフェンスのようになりました
| 建造物|ウッドデッキ1号 | 22:28 | - | - |